不動産バイブル【住宅は売却手続きを並行して購入手続きがお得】

家

自宅を取り戻す

家を売却しても、家賃と残債の二重の支払い

不動産

任意売却をすると、通常は自宅を退去せざるを得ません。そして新たに家を借りることになるでしょう。引っ越し費用、新居の敷金礼金仲介料など意外とお金がかかります。又、任意売却をした代金で住宅ローンの残債が全て支払えるのならいいのですが、もし残債があるなら支払いを続けなければなりません。家を失い、引っ越しの諸費用、家賃にローンの残債の支払いでは、莫大な出費となるでしょう。精神的にもダメージが大きいのではないでしょうか。子供がいれば尚更、自宅を離れたくない思いが強いでしょう。それなら任意売却後も自宅に住み続ける方法を考えてみては、いかがでしょうか。すべての方にお勧めするわけではありませんが、安定した収入がある方なら無理な話ではないでしょう。

買戻しとリースパック

任意売却をしようと思えば、任意売却専門の業者に依頼して、その業者が窓口となって交渉を進めてくれることでしょう。この時に任意売却だけではなく、その後に買戻しやリースパックも取り扱っている業者に依頼することが大切です。買戻しとは、一旦親族などに自宅を買取ってもらい、名義を変更した上で自宅に住み続け、家賃を払うというものです。いずれ資金ができれば、自宅を買戻す契約も同時に行うことが出来ます。リースパックは親族ではなく業者に自宅を買取ってもらい、その業者に対して家賃を払う形で、自宅に住み続けることが出来ます。こちらも買戻すことが可能です。このように、任意売却後も今の自宅に住み続ける方法はあります。まずは専門業者に相談してみてください。