不動産バイブル【住宅は売却手続きを並行して購入手続きがお得】

家

任意売却はどんな制度

どのような人が利用できる制度なのか

不動産

任意売却というのは住宅ローンなどの支払いができず担保となっている住宅を売却してその返済の一部に充てるという方法のことです。通常の任意売買、住宅の売却と異なるのは任意売却により住宅を売却してそこで得られたお金をローンの返済に充てたとしてもローンが完済できないということです。バブル期の住宅価格は年々上昇もしくはある程度資産価値が保たれていました。そうした時代はローンの残債と住宅の資産価値を比較した際にローンの残債のほうが少なく住宅を売却すればローンを一括完済して手元にもお金が残りました。しかし現在の住宅の資産価値が年々右肩下がりの状況では住宅を売却しても残りのローンを完済することができません。そうした状況で利用されるのが任意売却です。

交渉を行う相手はローンの保証会社

任意売却に関する交渉を金融機関と行うと考えている人もおられるようですが実際にはローンの保証会社と交渉を行うことになります。金融機関は債務者(ローンを組んでお金を借りている人)から毎月の返済が遅れると督促などを行います。それでも返済が遅れたりない場合にはローンの保証会社に一括して残債の返済を求めます。ローンの保証会社が一括して金融機関などに返済を行うことを代位弁済といいます。この代位弁済が行われたらそこから先の請求は保証会社から行われます。しかし保証会社からの請求というのは基本的には残債の一括返済なのです。ここで何もしなければ住宅は競売にかけるための手続きが行われます。この段階までにアクションを起こすことで任意売却という選択肢を獲得する可能性があるのです。